毎日感じる、小さいけれどて大きな幸せ

私の幸せを感じる瞬間は、愛犬と一緒にお昼寝をする時。
リビングで横になることもあるけれど、寝室のベッドの方がワンコも好きらしい。
つわりで朝ごはんを食べてすることしたら、ベッドへ行く毎日なんだけど、
立ち上がると、寝室まで先導してくれる。それもまた可愛い。
私がベッドに入ると、もちろんワンコもベッドに上がってくる。
自分で上がれないときは、クンクン鳴いてる。それもまた、微笑ましい。
夜はケージの中で寝せているのだけど、ケージの中も広いのに、
そこではしないようなのびのびした感じで寝るワンコ。
むっくり起きては体制を変え、頭の位置はいろいろな場所へ変わっていく。
けど、しばらくして”はっ”と気づいて、モソモソ私によって来て、暑くても寄り添って寝る。
その時も幸せを感じるけれど、
モソモソ寄ってきて、腕枕で寝るときとか、もぅ!!!!って思っちゃう。
「手、動かせないよ、もぅ!!」と言いながらも満面の笑みになってしまう。
あと、布団の中で寝ていたのに、きっと苦しくなるんですね?
もぞもぞ出てきて、鼻だけを布団から出したりする。
その鼻が可愛い。
ワンコと寝ると、あまり熟睡できないのに、でも幸せで満たされるから、
熟睡できなかったり、あまり一緒に寝るのはよくないと分かっていても、一緒に寝てしまう。
自分の横で、安心しきった体制で寝ているワンコを見たら、
この子にゆだねられているんだなぁ~って、ニンマリ。
こんなことがそんなに幸せ?って思うくらい、本当に幸せな時間。

11月には初めての子供が生まれます。
いつか、左手には子供、右手にはワンコ、そうやてお昼寝したいなぁ~なんて、
そんな想像をしてしまうのも、幸せです。マッチブックを使ってみたら出会えた!